アリシアを愛する日記
アーマードコア4の脚部パーツの一つである「04-ALICIA/L」をこよなく愛するランカーだったりランカーじゃなかったりするアレックスの日記です。 勿論内容はアーマードコア4メインとなります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に更新
なんか広告コメントがいっぱいたまってたから削除しておきました。

フォーアンサーは発売日に購入予定です。今日明日で特に何かなければ。

(n・ω・n)色々と新要素に積極的な作品ですけど、バランスが気になるところ。オフで色々と試してみようと思ってます。
スポンサーサイト
新作発売決定age
アーマードコア フォーアンサーが3月に発売予定だそうですね。勿論発売日付近に購入予定ですが、公式HPをみてみたらビックリドッキリですよ。

まんまアヌビスじゃないですか

新型パーツの導入で目標への瞬間移動(みたいな速度での接近)が可能、
ってどうみてもゼロシフトじゃないのかと。

個人的には激しく好きです。高速空中戦も、瞬間移動装置みたいなのも、巨大兵器と小さいけど強力な兵器の戦いとかもの凄く好きです。ご飯4杯はいけます。

ただ、旧アーマードコア(初代~MoAぐらい)の熱烈ファンで、4の異常な機動性があまり好きじゃないって人も結構いたと思うんですよね。探索とか、マッピング任務こそACだ!みたいな。ちょっと頑固っていうか、硬派すぎるというか、そういう人が。そういう人を更に置いてけぼりにしている気はします。

かくいう私は、一番好きなのが3という中途半端者で、初代も4も大好き☆なので一向に構いませんが。

巨大兵器との戦闘をメインに持ってきたのは凄くいいと思います。AC対ACの騙し騙されミッションも魅力的ではありますが、AIの問題で、AC対ACじゃ満足しないユーザーは多いはず。以前(PS、PS2時代)は1対2でも中々白熱した戦いでしたが、クイックブーストの登場やらで操作の選択肢が多くなったせいでAIがついてきてない。

例の1対4ミッションでも少し慣れるだけで余裕になりすぎるんですよね。別に普段ブレード使ってない人がブレオンでクリアできてしまうぐらいぬるい。

巨大兵器ってことは、理不尽な攻撃も有りなんです。3の大仏然り。いや、あれも慣れれば大して強くない敵ではありましたけど……でも初見でミサイル祭りに「あqswtgyふjき」となった人は少なくないはず。

ヴァルキュリアの違法スラッグガンとかも、巨大兵器ではないですがかなり理不尽で強かった。あのぐらい馬鹿みたいな攻撃してくれてもいいと思うのですよ。勿論ハードモード限定で。ノーマルまでそういう風にすると初めてアーマードコア買ってみましたな人が、ドミナントでない限り挫折しそうなので。

AC対ACの真っ向勝負はオンラインで補うとして、オフラインでは是非巨大兵器をしっかりしたものにしてほしいです。間違ってもソルディオスみたいなうすのろさん揃いにはしないでほしい。ああいうのも勿論いてほしいんですが、それ以上に3のカニ(マンタ?)みたいな形した水中巨大兵器みたいなのを出してほしい。せっかく水中に潜ってもミッション失敗じゃなくなったのだし、水中に潜ることでも避けられる攻撃とか……そういうのがあってもいいですよね!ね!

ヽ( ・ω・)ノとりあえずフォーアンサーでは逆関節と四脚増やしてほしい。各二種類はちょっとひどい。

あとは、VOBに期待。気軽に連発できても困るけど、4のOBみたく使いどころが少なすぎてもションボリ。
激しくさぼり
ファンタジーアースゼロやってました。所謂ネトゲ。

ヽ( ・ω・)ノでも狩りクリゲーじゃないよ!50対50の戦争TPSだよ!

( ・ω・)誰か一緒にやろう。E鯖にキャラ作ってケロ。
今更ながら
※今日の日記はXBOX360はおろか、ゲームとも関係ないよ!
[今更ながら]の続きを読む
天誅千乱
貞子たんにオススメされて買ってきたよヽ( ・ω・)ノ

一周目を終えたので感想を。若干ネタバレを含みます。



実に忍者らしい。主人公は正面から戦いを挑むと、三人ぐらいから相当辛く、四、五人来たら逃走以外選択肢がなくなるぐらいの能力です。

まぁ、現実的に考えるとそれでも忍者としては規格外というか、忍者というよりNINJAと表記したほうがいいような強さなんですが、とにかく忍者らしく物陰から強襲しないと辛いのです。敵と真っ向勝負しちゃうと評価も下がっていくという。

で、隠れる方法は凄く一杯。壁に張り付く、天井に張り付く、屋根に乗る、草むらにしゃがむ、縁の下に匍匐して入る、など。実に忍者っぽいです。

マップの数もそれなりにあって、任務ごとに敵、目標の位置も変化するので飽きも来にくい感じです。それでもやや被ってるようなものはありますが。

なによりツボだったのが最終任務。ゲームタイトルと同じ「天誅」という名前なわけですが、それまでボス戦のようなものは殆どなかったのにいきなり二連戦。ばれてもなんでもいいからクリアするだけなら簡単なゲームなのですが、最後だけはそれまでとは比べ物にならない難しさです。

その任務中の音楽も非常にかっこよく、壮大な感じがします。しかしそれに反比例してラスボスも忍なので忍vs忍という恐ろしく地味な戦いですが。

なんというか、難しいとか簡単とか、クリアするクリアできなかったってゲームじゃないですね。どれだけ忍者らしく動いて、忍者らしく暗殺、任務をこなしていくかを楽しむ感じ。

忍者らしく動けた時のなんともいえない爽快感はとても良いものです。思わず「忍んでる!今忍んじゃってるヨォ!」などと嬌声を上げてしますほどです。

ただ、ダメだったところもあります。些細なものはどうでもいいので重大な、根本に関わるところで一つ挙げると、敵が馬鹿

敵が他の死体を発見すると周囲を警戒し始め、時間の経過で終了する(これも謎)のですが、その警戒終了後に聞き耳を立ててみると、「気のせいだったか……」。

現実から目を逸らすな。

そういう馬鹿っぽさも含めて楽しんでるので良いんですが、人は選びそうですねヽ( ・ω・)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。